大人の教養は知識だけじゃない!「自ら考える力」も教養のひとつ

大人の教養は知識だけじゃない!「自ら考える力」も教養のひとつ

ビジネスマンなどで教養を身につけたいと考えている人も少なくないと考えられますが、基本的に知識を増やすだけでは対応することはできないです。
知っている情報の量を増やすには勉強をすればいいので、本などを読むことで誰でも挑戦することができます。
そのため知識を豊富に持っているような状態に近づくのは難しくありませんが、自ら考える力も養わないといけません。
日本では自分で考えることができる人が少ないと言われており、何かを指示されてからでないと行動できない人が多いです。
世界では自分で何をすればいいのか判断できる人が多いので、その点は日本と世界との大きな違いになるかもしれません。
日本人は失敗を恐れてしまうような傾向があり、自分で行動することができない人が圧倒的に多いです。
教養が高い人物であれば行動しなければ何も変化が起きないことを理解していますから、率先して行動するような特徴があるので、多くの人が自分で物事を考えて行動できる人間に成長しなければいけません。

教養を身につけるには読書も1つの方法では

教養とは、人間の精神を豊かにし、高等円満な人格を養い育てていく努力やその成果とあります。
専門的な知識や技術を持つことではなく、幅広く学問・芸術・宗教などに接して全体的・調和的人間になることが理想です。
そのためには、読書が一番の方法と言えます。
読書をすると多くの他人の人生を追体験することができます。
また、幅広い知識を持つこともできます。
でも、どのような情報を保持したり、さらに探究したりするかは読者の自由です。
逆に、読まない自由や主題に同感しない選択肢もあります。
幅広い経験と技術がつまった本をどのように選択し、それによってどのような考えを保持するかは全くの自由です。
個人にとって、精神が豊かになりより良い人格形成につながるものであれば良いです。
嫌いなものや興味のないもの、自分と思想信条の異なるものを受け入れることまではしなくても、その存在を認めることは大切です。
それが、教養を身につけ全体・調和的人間への第一歩かもしれません。